治療記録

2019年12月(術後1年11ヶ月)

2020-01-02

あけましておめでとうございます!

空気の乾燥がつらい季節ですね。就寝時もマスク着用をかかさない、かおり〜むです。

かおり~む
寝ている間にマスクが外れてしまうことも多いですけど、冷たくて乾燥した空気から喉や鼻腔を守るためには必須です。

2020年も私事な現状を伝えていく所存ですので、たま~に思い出してもらえれば幸いです。宜しくお願い致します。

早速、昨年の話で恐縮ですが、2019年の暮れが迫ってきた12月下旬、3ヶ月に1度の通院をしてきました。2019年最後の締めくくりの報告です。

鼻腔の状態

病院に行くときは、鼻腔内を診察してもらうのが一番ドキドキする瞬間!診察自体は痛くも痒くもなく鼻腔内を見てもらうだけなのにね。

カメラで撮影&記録をとっているので、浮腫んでいたりしているとモニタで見せていただけるのですが、今回はそういったこともなく、先生の一言「いいじゃん!」で終わり心底ホッとしました。

自分でもこれといって悪い感じはしないのですが、それでもやはり心配なものです。

血液検査の結果

血液検査を行ったのは3ヶ月前の9月。その時の結果を受け取りました。

血液検査のイメージ画像

この時は、鼻腔が少し浮腫んでいて良好とは言えない状態。

あまり良い結果は期待できないなって思っていました。まぁ、やっぱり…ってな感じです。

好酸球の数値

好酸球の正常値は0〜6%。

今回の結果は、これにギリギリ収まる6%でした。半年前より上がっている(;^_^A

血液検査結果の画像

やっぱり私の好酸球ちゃんは、この時は多少活発だったようです。

浮腫みが多いと、しっかり好酸球数値もUP…_| ̄|○
お見事です。

そしてここからの3ヶ月はプレドニゾロンを1mg増やして、現在は浮腫みがない状態なので、好酸球ちゃんも冬眠状態なのでしょう。

かおり~む
あぁ…プレドニゾロンを減らすと、好酸球が増える…悩ましいっ!

かおり~むのアレルゲンって一体?!

プレドニゾロンには、アレルギーをや炎症を抑える働きがあります。

そして、好酸球ちゃんはアレルギーや炎症を見ると活躍したくてウズウズしてしまいます。

ってことは、私の体はアレルゲンに反応しているということ!

過去に調べた私のアレルゲンって「ハウスダスト」「ヤケヒョウダニ」の2つなんですよ。

2019年1月に引越しているので、ハウスダストは格段に減っていると思っています。なのに、まだアレルギー反応がそこそこあるという…。

で、私の(勝手で素人な)見解はこうです。

かおり~む
これって大気汚染?!大気汚染はアレルゲンの一覧にないから、判明しようがないし!

ちょっと検索すると「どうやら大気汚染でアレルギー性鼻炎が起こる」っていう情報が出てきますが、素人が細かく語っても仕方ありませんので、2ヶ月後の移住が吉と出るか何も出ないか(笑)人体実験します!

ちなみに移住先は九州です!あちらもPM2.5だけを見ると東京より上!若干の怖さは拭えません。

だけど、自然豊かな離島なので東京よりは大気汚染は少ないのではと思うのと、自然に身を置くことで、ストレスが軽減すると思っています。

その他の数値

ホルモンバランスや肝機能など、その他の数値は問題ありませんでした。

ステロイドのネガティブな影響がなく安心しました♪

移住に関して

担当医に移住の予定があることを伝え、引き続きお世話になりたいという希望も話しました。

担当医からは、「症状が落ち着いていないため、あまりおススメはしないんだけど…」というアドバイスをいただいたのですが、そりゃそうですよね。

でも決めちゃったので、良しとしましょう!なんか自然が多いところのほうが治癒力とかもUPしそうですし。(本当か?!)

あと、盲点というか、私が処方箋について知らなかったことは、「保険範囲内の処方箋は最大3ヶ月分」という決まりであるということ。

薬が半年分欲し〜いっていう場合は3ヶ月分は保険適用外!

3ヶ月に1度の通院は旅費交通費を考えると、今の私には厳しいもの。最短でも4ヶ月に1度、年3回のペースにしたかったんですが…。

現在の病院は、好酸球性副鼻腔炎を得意としていることや、手術をお任せしたということもあり、やはり変えたくはないんですよね。

ちょっとこれは、このあと検討します!ちょっと先延ばしします。

かおり~む
これは困ったもんだ!考えてなかったぜ!

ここから移住準備などで気持ち的にも忙しくなるので、変にストレスを抱えないよう、リラックスしながら頑張ります!以上、現場からでした!




-治療記録
-, , , , , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5