治療記録

2020年2月(術後2年1ヶ月)

2020-03-14

かおり~む
怒涛の2月だったぜぃ!

離島からこんにちは、かおり~むです!

移住だ移住だと騒いでおりましたが、無事に東京都品川区から西の果ての離島へやってまいりました。

ここはなんと、五島列島の福江島です。自然たっぷりの場所で、なんとか生活していこうと奮闘しているところです。

とは言え、挫折したら戻ります…(;^_^A

読者さま
そんなことより、鼻の具合はどうなん?
あ、そうですよね、すみません!2月末に通院してきました!
かおり~む

診察を受けてきたよ

鼻腔の状態は良好!

今のお薬の状態が症状を抑えるのにちょうど良いのか、鼻腔の内診結果は良好とのことでした。

私自身も調子の良さは感じていて、特に左の鼻腔は、点鼻薬使わなくてもいいんじゃないかと思うくらい。

ここだけの話ですが、最近は点鼻薬(ナゾネックスorモメタゾン)は1回2噴霧と言われているところ、1回1噴霧としています。

何故って、2噴霧は刺激が強すぎるのか、鼻血が出てばかりだから。

2にしたり1にしたりを行きつ戻りつしていましたが、ここ1ヶ月位は1噴霧に落ち着いています。

その1噴霧ですら、角度を誤って鼻腔の奥ではなく、手前に噴きつけてしまうと鼻血が出る始末。(そうなった時は鼻うがいして流せばいいのでしょうが、それも面倒)

やっぱり私は点鼻薬って苦手…。早く使わなくてもいいようになりたいっ!

九州は意外と空気が悪い…

これは薄々わかっていましたが、やはり先生の見解も同じでした。

主治医
五島と言っても、空気が良いとは言いきれないよ。実際、調子崩した患者さんもいたしね。

九州は黄砂とPM2.5が多いのです。特にPM2.5の細かい粒子は肺に良くないので不安ですね。

また、「好酸球性副鼻腔炎」を正しく処置できるお医者様が地方にはあまりいないのが現状。

いらっしゃったとしても、対応件数が都内に比べて格段に少ないため経験値の面で差があり、どうしても都会と同等の対応とはいかないのだとか。

私としても病院を変えるつもりは今のところないのですが、改めて、的確な現状判断とベストな処置を続けるためにも、手術を勧めて対応していただいた現在の病院は変えずに、頑張って通院しようと思います。

薬の処方は現状維持!

  • レルベア 1日1回1吸入
  • モメタゾン 1日1回2噴霧
  • プレドニゾロン 1日4mg
  • モンテルカスト 1日10mg

年内に少しでも薬が減らせればいいんだけどなぁ…。

次の通院は少し間を開けた7月の予定です。

かおり~む
皆様も引き続きご自愛くださいね。

 




-治療記録
-, , , , , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5