治療記録

2019年4月

2019-04-10

平成最後の月ですね!

私の鼻の状態はおおむね安定しているといった感じ。
嗅覚・味覚ともに問題なく、食事もお酒もおいしいです。

かおり~む
お花見もしっかり満喫できました!

そして、定期チェックで病院へ。

お薬減った!

鼻腔をチェックしていただいた結果、左右どちらも状態はいいとのことでした。やった~!

前夜にお酒を飲み過ぎて、手がむくんでいるような状況だったので、「鼻腔もむくんでるんじゃないか?!」ってドキドキしていたんですよねー。

お薬の減量イメージ画像

経過良好ということで、お薬を少しだけ減らしてみることに。やったやった~!
実は、以前は2.5mgの処方でした。そして調子が悪くなったので、5mgへ増量。

今回は減らすと言っても1㎎少ない4mg。ここは慎重にということなのでしょう!
徐々にだけど、今回は順調に減らしたいです。

骨粗鬆症チェック受けた!

ステロイドを長期に渡り服用していると、骨密度の低下が懸念されるとのこと。私の場合は年齢的なこともありますので、一度検査してみましょうということになりました。

検査は、左右どちらかの足の踵を、裸足の状態で機械の上に乗せるだけ。痛くも痒くもありません。計測結果も体重を測るかのごとく、すぐに出てきます。

踵のイメージ画像

結果は、年齢の平均以上でした♪(*^^)v

最近は運動不足ですが、それでも自宅でヨガをしたり、ダンスをしたりしているからかも!

主治医
ウォーキングのような軽いものでいいから、運動してくださいね!日光に当たることも大事ですよ!
はいっ!
かおり~む

引越して3ヶ月経過

1月初めに引越をして、畳の部屋からフローリングになりました。

3ヶ月が経過して思うのは、フローリングの部屋は大正解だったってこと。鼻のグズグズ感が減って快適なのです。

ハウスダストにアレルギーがある私にとっては、前の物件は畳が古かったという事も手伝い、致命的だったと言えます。
以前あった体の痒みも少なくなったので、ダニもいたのかも。

今思うと、病気の引き金を引くために住んだ感じで切ないです…。( ノД`)

嘆いていても仕方ないので、せっかくのフローリングですし、しっかりお掃除して快適空間にします!

ステロイドの副作用「骨粗しょう症」にご用心!

ステロイドの副作用に「骨粗しょう症」があります。食事と運動、適度な日光を浴びることで、骨の健康を維持しましょう!

続きを見る




-治療記録
-, , , , , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5