症状

そもそも好酸球って何?

2018-11-26

好酸球 (こうさんきゅう) は現在の研究では、まだまだ解明されていないこと多かったり、真逆の説が存在していたりと謎の多い血液細胞のようです。

かおり~む
診療のなかで先生にアレコレと伺う時間はありませんので、自分の勉強がてらまとめてみました。

白血球の一種

好酸球は白血球という血液細胞の一種です。

通常は血液中の約1〜5%程度しか占めていません。

血液中にいる時間は短く、24時間以内に体内の各組織(気管支・皮膚・肺・腸・骨髄)に入り込むため、体内には血液中よりもずっと多くの好酸球がいるとみられています。

好酸球の絵
かおり~む作画(*^^)v

好酸球は、図のように自らの細胞内に小さな粒をたくさん含んでいて、この粒は人体では好酸球の中にしかない蛋白が詰まっています。

好酸球の寿命は長くても1〜2週間しかありません。そして好酸球の最期は一般的な細胞とは違い、自爆的に自らを終えるというから驚きです。

ちょっと不謹慎な表現ですが、個人的にイメージしやすい言葉で言うと「特攻隊」という感じですね。専門的にはこの自爆攻撃を「エトーシス」というのですが、好酸球にとっては巨大である病原体を効率的に攻撃するために、素早い判断でこのエトーシスを起こすのだそうです。

好酸球の役割

それでは、好酸球はどのような外敵を攻撃するのでしょうか?

好酸球が最も得意とするのは寄生虫を攻撃することです。

好酸球自らが保有している蛋白の粒を武器として寄生虫を攻撃(エトーシス)し、寄生虫の周りを繊維化させて寄生虫を隔離します。

かおり~む
好酸球性副鼻腔炎で出てくるスライムのような鼻水は、好酸球がエトーシスを起こす際の線維化によって作られるもののようですね。

アレルギーとの関係

人間の体を寄生虫から守ってくれる好酸球ですが、アレルギーとの関係が深いことがわかっています。

それは、アレルギーのあるところに好酸球が存在しているからです。

好酸球が増える理由って?

好酸球が増える原因には、下記のような理由が考えられるそうです。とは言え、必ずしも治療が必要になるケースばかりではなく、自然に治ってしまうこともあるようです。

  • 薬剤アレルギー
  • 気管支炎喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー性疾患
  • 寄生虫感染

好酸球の数値が正常範囲の3倍以上に増えたときは「好酸球増加症」という症状にあてはまります。

アニメで知る好酸球

「はたらく細胞」というコミックとアニメがあるのをご存知ですか?
アニメに抵抗がなければ是非ご覧になってみてください。

好酸球ちゃんがツインテールなのは、好酸球の姿にちなんだものだったんですね。




-症状
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5