治療記録

2019年3月

2019-03-10

花粉症に苦しむ人がチラホラ見受けられますが、私は今のところセーフ。但し、マスクは念のために着用しています。
味覚も嗅覚も問題ナシ🎵

お薬は2月と同じです。

  • ナゾネックス
  • モンテルカスト10㎎
  • プレドニゾロン5㎎
  • レルベア100

鼻の状態としては、最近、右側に閉塞感を感じることが多く、そのため鼻うがいも右側を多めに行っています。
主治医にも「左と右で1:2くらいでやってね」と言われたことがあったので、必ずしも左右で同じ回数でなければならないということはないようですね。

また、鼻うがい時には右目の目頭から洗浄液が出そうな感覚があるので、あまり強い力で洗浄しないようにしています。(コチラの器具で洗浄を行っているので、力加減で弱くも強くもできます。)

さて、少し話がそれますが、2月に行った精密検査の話を参考までに。
事の発端は、健康診断で左胸にシコリが見つかりまして(結論から言っておくと問題ありませんでした)、慌ててマンモグラフィーとエコー検査をしました。
その後、2つの検査結果を見ても微妙ということ。さぁMRIを…となるところ、 服用している薬(モンテルカスト・プレドニゾロン)により造影剤が注射できないと言うではありませんか。

結局、MRI検査を飛ばして細胞診を行うことになりました。
私としては、細胞を直接検査するほうがダラダラと検査をするよりもいいなと思ったので幸いだったのですが、こういうこともあるんですね。
「これからも何か検査が必要な場合、MRI検査はできないんでしょうか?」と質問したところ、 「MRIの種類によるんだけどね。」とおっしゃっていました。

薬を使用していると、他との兼ね合いがいろいろありますね…。(^_^;)




-治療記録
-, , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5