術後

治療記録

2020年7月(術後2年半)

2020/8/23

7月は嗅覚・味覚とも不安定な毎日でした。
梅雨のスッキリしない天気と、生活するためのタスクに追われるストレスフルな日々のせいだったのかもしれません。

治療記録

2020年3月(術後2年2ヶ月)

2020/6/27

コロナコロナコロナ…で疲れる日々。長丁場は避けられません。ストレスは免疫も下げますから必要以上に感情を揺さぶられ疲弊するのは避けたいですね。せめて自宅待機ではゆる~くいきたいものです。

治療記録

2020年1月(術後2年)

2020/6/27

手術してから2年が経過!調子は安定しているものの、薬を減薬すれば症状が再発する状態です。
世間ではコロナウイルスの報道が連日行われていますね。自分が必要とする食事・睡眠・運動をしっかりしていくしかなさそうです。

治療記録

2019年12月(術後1年11ヶ月)

2020/6/27

3ヶ月に1度の通院と9月に受けた血液検査の結果です。やはり「ムクミのあるところに好酸球あり!」な結果となりました。それにしても、好酸球ちゃんが活躍してしまう原因となる、私のアレルゲンって何なんだろう。引っ越してハウスダストは減らせてるハズなのになぁと思い、やはり大気汚染かも…なんて改めて思ったりしています。

治療記録

2019年11月(術後1年10ヶ月)

2020/6/27

2019年11月もおかげさまで安定して過ごしています。薬の服用を忘れないようにしてます!ジェネリックのモメタゾンを使ってしばらく経ちましたが、なんだか使い心地がマイルドなのは気のせいでしょうか。

治療記録

2019年10月(術後1年9ヶ月)

2020/6/11

気温の変化もあり、周囲で体調を崩す人が多くなってきました。私も疲労が重なって体調が万全ではないことがありましたが、寝込むほどにはならず一安心。そして、会社ではインフルエンザの予防接種を促す時期になりました。どうしましょう…。

症状

他人事じゃないアナフィラキシー

2021/9/29

NSAIDs過敏症というものをご存知ですか?発症しやすい人の傾向として、ぜんそく・鼻茸(鼻ポリープ)・嗅覚障害などがあり、好酸球性副鼻腔炎患者は他人事ではありません。可能性としては決して高くはありませんが、いざという時のために覚えておきましょう!

治療記録

2019年9月(術後1年8ヶ月)

2020/6/11

恒例の3ヶ月に1度の通院です。
いつもの鼻腔状態のチェックと、血液検査・骨密度測定・呼気検査を実施しました。そして、お薬のひとつが「オーソライズド/ジェネリック(AG)」になりました。

治療記録

2019年8月

2020/6/11

梅雨明けから猛暑日が続き、寝込むことはないまでも疲れが溜まっていった8月。ちょっとしたきっかけで「鼻うがい&ナゾネックス」連日サボってしまったために、嗅覚不調の日々を過ごすことになりました。

体験談

ファンケル ヘルスハウスに行ってみた

2021/9/30

骨密度の測定を主な目的として、ファンケル ヘルスハウスに行ってきました。想像以上に自分の老化と、ケアが必要だということを目の当たりにしちゃう結果に!!!どのような内容であったかをご紹介します。

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5