体験談

副鼻腔炎による声への影響

2019-01-16

声が変わる?!

私の手術後の思いがけない副産物は、声の質が変わったこと!手術で声が変わるなんて考えたこともなかったので嬉しい発見となりました♪

最初に「声が変わったね!」と指摘してくれたのは母。いつもは「思ってたけど言わない」ってタイプなのでビックリしました。

その後、別の人にも「あれ?声が違う!」などと言われるように!嬉しいことに以前よりも澄んだ感じになったらしいです。

自分の耳で聞こえる声に大差はないのですが、とても得した気分です♪(ってか、元々の声に戻っただけなのですが…^^)

副鼻腔炎患者に声楽は難しいと思う…

私は歌うことが大好きだけど、以前はカラオケに行っても声の調子に波がありました。「今日は声が出るな!」って時と「何だか声が詰まって思うように出ない!」っていう時があって、当時は「まぁ、素人はそういうものなんだろうね」と思っていました。

かおり~む
今思うに、副鼻腔の調子に左右されていたんだろうなと思います。

というのも、以前コーラスをする必要に迫られた際に歌の個人レッスンを受けたことがありまして、その時の先生の指示がさっぱりわからないまま終わったんです。「声を頭のほうに抜けさせる」と言われてもポカーン。( ゚д゚)

先生から意識させる場所や使う筋肉について、顔を触られたりしながら説明を受け、悪戦苦闘したのですが、これと言って何も掴むことができずにガッカリしたのでした。

ところがどっこい、最近はカラオケに行くと声が鼻に抜けるような感覚が時折あることに気づきました。友人とカラオケに行くと「どうやったら、そういう声が出るの?」って言われちゃったりします。

そんな経験があり、「副鼻腔炎の状態では、声楽は無理」というのが結論。

鼻腔が通ってないので「声を抜けさせる」道もないと思っていいんじゃないでしょうか。

声に関する仕事・趣味があるなら、治療をオススメします!

あなたが、「アナウンス学校に通っている」とか「声楽を習っている」「合唱が趣味」「カラオケが大好き」など、声に関することに関わっていらっしゃる場合は、副鼻腔炎ではないほうがいいと思います。

もしも、時間をかけているのに思うように上達しなかったり感覚がどうしても掴めない時は、耳鼻科でチェックを受ける機会を設けてもいいかもしれません。

「副鼻腔炎の自覚症状なんてないけど」と思われるかもしれませんが、私も「匂いと味がわからない」という自覚症状以外はありませんでした。

かおり~む
好酸球性副鼻腔炎で鼻ポリープができていても鼻呼吸に問題がなく、膿が出るわけでも顔面痛があったわけでもなかったんですよね。

参考になりましたら幸いです♪(^▽^)/




-体験談
-, , , , , , , , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5