体験談

鼻うがい(鼻洗浄)についてまとめてみた

2018-11-21

鼻うがいって?

鼻に生理食塩水を流して洗浄するのが「鼻うがい(鼻洗浄)」。

かおり~む
できればやりたくないですよねー。

「痛そう」 「怖そう」 というイメージが先行しがちですが、実際は痛くないですし、違和感も回数を重ねれば必ず慣れていきます。

そんな「鼻うがい」について、まとめてみました!

好酸球性副鼻腔炎の治療に”鼻うがい”は必須!

好酸球性副鼻腔炎の患者様にとって「鼻うがい」は必ず行わなければならない処置す。

なぜなら、好酸球性副鼻腔炎は手術が終わったら完治というわけではなく、風邪やインフルエンザで簡単に悪化してしまうからです。

もともと好酸球性副鼻腔炎は、再発率も高い疾病。

薬の服用や点鼻薬とともに鼻洗浄(鼻うがい)を行うことが、良好な状態の維持に欠かせなくなってきます。

かおり~む
特に鼻ポリープ(鼻茸)を取り除く手術をした後は、忘れずに行ってくださいね。
鼻の調子が悪い女性のイメージ画像

ところで、鼻ポリープ(鼻茸)の原因になるのは、鼻腔内のむくみです。

風邪をひくと鼻がつまったり鼻水が出たりと、鼻腔の状態が悪くなりますよね。

毎日鼻うがいを行っていれば、鼻腔内でウィルスが増殖する手前で食い止めて、発症の可能性を最小限まで抑えることができます。

かおり~む
勝手に回数を減らしてしまって、担当医の先生に怒られたことがあります。でも、それくらい大事なんです!

花粉症にも効果的

花粉症のイメージ画像

風邪やインフルエンザの予防には「うがい手洗い」が常識とされています。

ただ、通常の「うがい」では鼻腔内まで洗浄することはできず、ウィルスが鼻腔内に潜伏している場合は「鼻うがい」が効果的というのは前述のとおりです。

これと同じ理由で、花粉等のアレルゲンを鼻腔から取り除くために、「鼻うがい」を行うことはとても効果的です。

鼻うがい用 生理食塩水の作り方

「鼻うがい」を普通の水で行うと、単純に痛いです!

では何で洗浄するのかというと、「生理食塩水」。

生理食塩水は、人の体液に近い塩分濃度と浸透圧であるため、これで鼻うがいを行っても痛みを感じることはありません。

生理食塩水を用意するのは簡単で、「塩分濃度が約0.9%食塩水」を作ればいいだけ。

理屈としては 1L に対し 9g 又は 500ml に対し4.5gとなりますが、水も塩も毎回はかるのは面倒。

だからといって作り置きはNGです。水も浄水器を通したり、煮沸させて冷ましたものなど、清潔な水を使ってください。

また、生理食塩水は体温と同じくらいに温めることをお勧めします。体温より低い温度だと快適とは言えないかも。

かおり~む
私も試したことがありますが、自分の想像のうえをいくぐらいにビクッとなりますよ!(^o^)

鼻うがいには何を使えばいいの?

好酸球性副鼻腔炎の患者様は、鼻うがいは習慣化せざるを得ない状況になっていると思いますので、鼻うがい用の器具を購入してしまうほうが便利かもしれません。

また、粘度の高い鼻水が膿のようになって鼻腔内に滞っている場合は、ぬるま湯のほうが、鼻水がゆるんで排出しやすいです。

かおり〜むが現在使っている鼻うがいグッズ

塩は自宅にあるものでも問題ありませんが、このような専用の塩の販売もあります。計量用スプーン付き。

こちらは上の器具と合わせると計量の必要がなく、旅行にも便利です。

Amazonの商品リンクを載せたものの、私はiHerbを利用しています。海外輸入に抵抗のなければ試してみてくださいね。

”鼻うがい”の方法

  1. スマホや本を見ている時のような感じで、顎をひく。
  2. 生理食塩水を鼻に流し込んで鼻うがいを行う。その際に「エー」と声を出す。左右交互に行う。
  3. 鼻うがいが終わったら、首の前傾の角度は変えずに(首を起こさずに)顔を左右に傾けて、生理食塩水を排出する。
  4. 生理食塩水を排出したら、首の前傾を保ったまま優しく鼻をかむ。

”鼻うがい”は痛い?!

「鼻うがいは痛い」というイメージをお持ちではありませんか?

実際は「0.9%生理食塩水」を使えば、プールで鼻に水が入った時のようなツーンとした痛みは全くありません。一度体験してもらえれば「なぁんだ」という感じです。

慣れないうちは、鼻に注入する感覚自体に抵抗を感じてしまうと思うのですが、慣れてくれば必ず気にならなくなりますし、むしろ鼻の調子が良くない時は、鼻をかむだけでは取り除けない鼻水や膿が出てくることも多く、鼻の通りも気分もスッキリしますよ。

”鼻うがい”をしてはいけない時

以下のような症状を感じている場合は、医師に相談のうえで鼻洗浄を行いましょう。

こんな時の鼻うがいは控えましょう

  • 耳や鼻に異常を感じる
  • 鼻腔が完全につまっている
  • 鼻うがい時、耳の中に圧力を感じる

 

”鼻うがい”アレコレ体験談

生理食塩水の排出が苦手

私は、洗浄した後に鼻腔に残った水を排出させるのが苦手です。

洗浄後、顔を左右にゆっくり傾け、それぞれの鼻の穴から水を出すものの、その後もポタポタと食塩水が出てきてしまう瞬間があり、困ったものです。

就寝前に鼻うがいをすると、布団入って、横向きになったときにタラ〜っと出てくることも。鼻うがいをすると「鼻腔って、こんなに水を溜め込めるのか!」と驚きますよ。

かおり~む
鼻うがい後に、前屈(立位体前屈)をした状態で顎を引いて5秒。
その状態のまま顎だけを上げると排出がうまくいきます。試してみてね!

 

排出のコツがうまくつかめていないうちは、お風呂の中で行うといいです!

鼻腔が詰まっている時

鼻洗浄後にほとんど水が排出されない場合、膿がたまっていることが多いです。

このような時は膿をゆるませるために、やや暖かめのお湯で洗浄することがあります。お湯を鼻腔に入れて、10秒〜20秒程度時間を置き、それぞれの鼻の穴から排出させます。

その後、優しく鼻をかむと、ゆるんだ膿がドロッとしたゼリー状になって出ることがあります。

スッキリする瞬間なのですが、自分でも大きさにビックリすることが多く、好酸球性副鼻腔炎の厄介さも感じます。( ;∀;) 500円玉より大きな膿が出たりするとギョッとしますねぇ。

こういうケースは風邪気味っぽい時に多いので、やはり体調管理は大事です。

目頭に響く時がある

鼻洗浄をする際、目頭に生理食塩水が回ってくることがあります。
こういう時は鼻腔の通りがよくなっているようで、呼吸をするタイミングでも目頭に空気を感じることがあります。

目と鼻はつながっているので、気にしなくても大丈夫ですが、洗浄する際は優しい水圧で行いましょう。

風邪やインフルエンザにかかりにくいのを実感

術後1年2ヶ月が経過しましたが、鼻洗浄を毎日1回、風邪をひいたかなと感じたり風邪気味の時は1日2回行っています。

おかげで、本格的に体調が悪くなることが術後は全くありません。手術前は風邪を引いたりインフルエンザにかかったりして会社を休むことも多く、自分にうんざりしていましたが、体調が良いだけでも気分がとても前向きになります。

習慣として続けられているのも、体調が良いことを実感できるからというのが大きいですね。

シンクのサビ

どうでもいいことですみません…。意外と盲点なので。

鼻うがいを台所のシンクで行う場合は、塩分がシンクに残らないように気をつけましょう。シンクに食塩水が残っている場合は、そのままにすると錆びてしまいます。(古いシンクであればなおさら…)

シンクの外側に、生理食塩水が飛び散っていることもあるので気をつけてくださいね。

鼻うがいグッズの画像
鼻うがいグッズあれこれ

これまでに使ったことのある鼻うがい(鼻洗浄)グッズについて、使い心地やメリット・デメリット等の記録です。

続きを見る

 




-体験談
-, , , , , , , , , ,

© 2021 好酸球性副鼻腔炎&気管支炎喘息☆完治を目指すブログ Powered by AFFINGER5